Published on

iPad Proは開発に使えるか?(Blinkでmoshを使用する)

Authors
  • avatar
    Name
    tuxedocat
    Twitter

tldr: 結局リモートシェルじゃないですかやだー

開発環境としてはかなり原始的だけど、念のためちょっとした作業は iPad Pro から GCP の VM インスタンス上でできるようにした。

GCP の VM で作業する前提なので、まともな端末アプリさえあれば解決。 どれでもいいんだろうけど、Mosh を使ってみたかったので Blink にした。2400 円、ちょっと高い。

gcloud で SSH 接続をしたことがある環境には、 ~/.ssh/google_compute_engine(|.pub) ができている。 インスタンス単位の SSH 鍵に公開鍵を設定し、秘密鍵は Blink のディレクトリにコピーしておく。

Firewall Rules で、 Mosh が利用する UDP 60000-61000 を許可し、ネットワークタグを適当に設定。 インスタンスのネットワークタグ設定にそれを追加する。

インスタンス側には、mosh パッケージを入れ、mosh-server コマンドで Server を起動させておく。

Ephemeral IP は GCP のアプリから確認できるので、それを用いて接続できる。

# on blink
mosh -I .ssh/gcp <username-on-vm>@<external-ip>

Blink の config コマンドで表示されるダイアログからこのあたりの設定はできる、はずだったけど、うまく動いていなかったので、コマンドラインから指定した。

Smart Keyboard Folio は買ってないので、Logicool の Keys To Go を使っているが、Blink は装飾キーのマッピングが細かく指定できるので問題ない。 自分は、 Cmd+Opt+<Num> でファンクションキーを利用できるようにしている。 今のところ、ログイン先での Tmux の使用は何も問題ない。

VSCode Online が使えるようになれば、自前の Laptop は要らなくなるかな?(願望)